・東山動植物園「ナイトZOO&GARDEN」〜夜に再会〜


 ここ10年ぐらいの間に全国の動物園でナイトズーが盛んに行われるようになってきました。これはやはりシンガポール動物園の影響と思われます。 ところが、なんと95年前の名古屋でナイトズーが行われていました。名古屋市立鶴舞公園付属動物園開園2年目の大正8年の夏に夜間開園が開催されていたのでした。7月から8月までの1か月間で10,280人の入園者があったという記録があります。 これが日本初のナイトズーと思いきや、名古屋より6年前の大正2年に京都市動物園、大正5年に天王寺動物園で行われていました。日本で最初の動物園である上野動物園は昭和6年の春が初めてでしたが、昭和8年の夜間開園では一日で75,474人の入園者を記録していました。
今年も大阪市天王寺動物園、大阪みさき公園、浜松動物園、いしかわ動物園等、このほかでも色々な場所で行われました。


  夜の動植物園をお楽しみいただける夏の大人気企画「ナイトZOO&GARDEN」を今年も開催! 動物園では、夏の夜にライトアップされた園内では、昼間とは違った雰囲気で動物の様子がご覧になれます。 植物園でも、温室後館をライトアップするなど、幻想的な雰囲気になります。またスーパーハワイアンナイトも開催され、ハワイの文化に触れる東海地方最大級の華やかな空間が誕生します。 詳細につきましては、後日公開しますのでお楽しみに! 皆様のご来園をお待ちしています。
■開催日時
平成29年8月4日(金)〜6日(日)・11日(木)〜13日(日)・15日(火)の7日間 20時まで入園時間を延長(閉園は20時30分)
■開催区域
動物園区域【本園(こども動物園を除く)・北園・自然動物館・世界のメダカ館】
植物園区域【洋風庭園エリア(植物園門からガーデンテラス東山まで)
 今年もナイトズーが開催され動植物園80周年記念で色々催しはあったのですが、今年はこの期間は雨が多くて、雷雨などもありイベントなどが中止された日もありました。 動物園では初めてのプロジェクションマッピングなども開催されましたが、数年前植物園で行われたのに比べるとただ動物の投影だけで時間も短く期待外れでしたね。 ガーデンテラスは期間の後半だけで、音楽噴水も自分ところのお客さん優先で、きたいはずれでしたね。
8月の植物園ですが7月〜8月の名古屋の平均気温は「低い」、降水量は「多い」、日照時間は「少ない」ということで、色々な花の咲く時期が半月くらい遅れていて、鷺草などは花がまばらでしたね。玉紫陽花などは下旬になってやっと蕾ができる状態でしたね。


山野草T
山野草U
山野草V
水辺の花
木々の花T
木々の花U
温室の花
ナイトZOO
&植物園色々